This page may not work correctly inside the Unity editor. Open in browser

マスターノード

nature-shaders-shader-graph-master-node.jpg

Nature Shadersには、いくつかの追加設定を追加する「Nature Shader Master」と呼ばれるカスタムマスターノードが付属しています。

ユニバーサルレンダーパイプライン(Universal Render Pipeline)のマスターノード(Master Node)は上に示されていますが、ハイディフィニションレンダーパイプライン(High-Definition render pipeline)にも同様の追加設定があります。

  • オブジェクトタイプ(Object Type):このシェーダが使用されるオブジェクトの種類を決定します。これは、正しい風アニメーションを取得するために重要です。
  • インスタンス化(Instancing):間接的にGPUインスタンス化されるためのサポートがシェーダに追加する必要があるかどうかを決定します。Nature Rendererの手順でインスタンス化機能のサポートを追加するには、「Nature Renderer」に設定します。
  • サポートツリークリエーター(Support Tree Creator):シェーダがUnityのTree Creatorで使用される場合に有効にします。
  • カスタムエディター(Custom Editor):マテリアルエディターとして使用するカスタムエディタースクリプトのフルタイプ名。

ネイチャーシェーダマスターノード(Nature Shader Master Node)が使用されており、現時点では無効にできない場合、半透明性(Translucency)がデフォルトで追加されます。

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています