This page may not work correctly inside the Unity editor. Open in browser

ウインド(Wind)

nature-shaders-shader-graph-wind.jpg

インプットとマテリアルの設定に基づいて風アニメーションを計算します。風は頂点(Vertex)に適用され、新しい頂点位置と頂点法線として返されます。

インプット

  • 頂点(Vertex):色補正を適用する色
  • 頂点のワールドの位置(Vertex World Position):色相(Hue)、彩度(Saturation)、明度(Lightness)の値。値0は色補正を適用しません。
  • 法線(Normal):オブジェクト空間の頂点(Vertex)の法線方向。
  • Texcoord 0:頂点(Vertex)のテクスチャ座標(チャネル0)
  • Texcoord 1:頂点(Vertex)のテクスチャ座標(チャネル1)
  • 色(Color):頂点の色。

アウトプット

  • 頂点アウト(Vertex Out):風アニメーションに基づいて変位した頂点
  • 法線アウト(Normal Out):頂点の法線。風アニメーションに基づいて再計算されます。

オプションのプロパティ

風アニメーションを計算するにはインプットで十分ですが、マテリアルの設定に基づいて使用できるオプションは他にもあります。マテリアル設定は、マテリアルプロパティに基づいて決定されます。これらはシェーダに追加できますが、ノードに接続する必要はありません。

ウインドコントロール(Wind Control)

nature-shaders-shader-graph-properties-wind-control.jpg

風アニメーションの計算に使用するデータを決定します。このオプションを有効にするには、スクリーンショットと同じ設定でenumキーワードをシェーダに追加します。

 

オブジェクトの高さ(Object Height)

nature-shaders-shader-graph-properties-object-height.jpg

オブジェクトの高さです。ウインドコントロールが頂点またはUVに設定されている場合に、風アニメーションを計算するために使用されます。このオプションを有効にするには、 _ObjectHeight  を参照して  Vector1プロパティをシェーダに追加します。

 

オブジェクト半径(Object Radius)

nature-shaders-shader-graph-properties-object-radius.jpg

オブジェクトの半径です。ウインドコントロールが頂点またはUVに設定されている場合に、風アニメーションを計算するために使用されます。このオプションを有効にするには、  _ObjectRadiusを参照してVector1プロパティをシェーダに追加します。

 

幹曲げ係数(Trunk Bend Factor)

nature-shaders-shader-graph-properties-trunk-bending.jpg

木の幹に適用される曲げの量。このオプションを有効にするには、参照  _TrunkBendFactorを使用してVector2プロパティをシェーダに追加します。X値は幹の曲げ係数であり、Y値は幹の根本の追加の曲げ係数です。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています