New: Nature Shaders

Interaction, Wind, Dynamic Masking, and Better Shading for your vegetation.

Learn more
This page may not work correctly inside the Unity editor. Open in browser

Nature Rendererをインストールまたはアップデートする

サポートされるレンダーパイプライン(Render Pipelines)

Nature Rendererは標準のビルトインレンダリングパイプラインと全てのスクリプタブルレンダーパイプラインに対応しています。以下のバージョンはサポート対象です。

Render Pipeline Pipeline Version Unity Version
スタンダード (内蔵されているもの) 2018.4 以降 2018.4 以降
ハイデフィニション 7.0 以降 2019.3 以降
ユニバーサル 7.0 以降 2019.3 以降

インストール

Unityの各レンダーパイプラインには、異なるシェーダとマテリアルが必要です。レンダーパイプラインの正しいシェーダとマテリアルを取得するために、複数のパッケージとパッケージマネージャーを含めて正しいアセットをインストールしました。

アセットストア(Asset Store)からNature Rendererをダウンロードした後に、パッケージのすべてのコンテンツをインポートします。ストアのパッケージには、パッケージマネージャー(Package Manager)と、各レンダーパイプライン用の3つの個別のUnityパッケージ(Unity Packages)が含まれています。

nature-renderer-import-package-from-asset-store.jpg

ストアからパッケージをインポートすると、パッケージマネージャー(Package Manager)が自動的に起動し、プロジェクトのレンダーパイプライン用の正しいパッケージのインポートを開始します。2番目のインポートウィンドウに、パッケージの内容が表示されます。 インポートをクリックして、すべてのアセットをプロジェクトにインポートします。

nature-renderer-import-package-for-render-pipeline.jpg

Nature Shadersは、Nature Rendererと一緒にインストールされます。Nature Shadersパッケージには、風アニメーション、半透明性などの機能を備える最適化されたシェーダのコレクションが含まれています。これらのシェーダはNature Rendererと直接統合されており、すべての植生に推奨されます。

Nature Shadersは、以前のバージョンのNature Rendererに付属していた従来のOpen World Natureシェーダに代わるものです。古いシェーダを使用している場合、マテリアルは自動的にアップグレードされます。

手動でのインストール

インポートウィンドウが自動的に表示されなかった場合は、com.VisualDesignCafe.NatureRendererという Assets / Visual Design Cafe / Packagesにあるインストーラーファイルを選択し、インスペクターの右上にある設定アイコンをクリックします。次に、メニューから「インストール」を選択します。

nature-renderer-manually-install-package-for-render-pipeline.jpg

アップデート

Nature Rendererを新しいバージョンに更新するには、上記と同じ手順に従うか、[ Help]> [Nature Renderer]> [Click for Updates]に移動して、現在のレンダーパイプラインの正しいアセットを直接ダウンロードします。

Nature Shadersパッケージは個別に更新できます。Nature Rendererの主要なアップデートには、Nature Shadersのアップデートバージョンが組み込まれています。

レンダーパイプラインを変更する

Nature Rendererのインストール後に、レンダーパイプラインを変更することができます。プロジェクトを新しいレンダーパイプラインに変更し、正しいパッケージを手動でインポートします。

すべてのパッケージは、Assets/Visual Design Cafe/Packagesにあります。各パッケージ名は、 com.VisualDesignCafe.NatureRendererで始まり 、その後にレンダーパイプライン(ユニバーサル(Universal)の場合は-URP、ハイディフィニション(High-Definition)の場合は-HDRP、スタンダード(Standard)の場合は何もなし)、そしてバージョン番号が続きます。

nature-renderer-packages-location-in-project.jpg

 

この記事は役に立ちましたか?
43人中35人がこの記事が役に立ったと言っています